[JDN] クリエイティブを刺激するデザイン情報サイト

クリエイティブを刺激する
デザイン情報サイト[JDN]

デザイン・アートの展覧会 & イベント情報

「ジョン・ウッド&ポール・ハリソン 説明しにくいこともある」展

《26(ドローイングと落下物)》2001年《26(ドローイングと落下物)》2001年
ジョン・ウッド&ポール・ハリソンは、1993年より英国を拠点に、パフォーマンスやアニメーション、建築的なセットやさまざまな装置などの要素を取り入れたヴィデオ作品を共同で制作している。

その作品は非常にユニークで、近年では英国内外で大規模な個展が開かれるなど人気と評価を高めているアーティストだ。日本国内でも、これまでに森美術館やブリティッシュ・カウンシルによる巡回展で紹介されたほか、ICCでも「オープン・スペース 2012」展において6作品を展示し、多くの観客の人気を博した。

ほとんど固定アングルで撮影される、そこはかとないユーモアを感じさせる作品は、それゆえ「なにをやっているんだろう?」「なにが起こっているんだろう?」という関心をひきつけるものであり、しかも親しみやすいものでもある。彼らの作品は、NHK Eテレの番組『2355』でも一時期紹介されるなど、作者の名前は知らずともその作品を記憶しているという方も多いかもしれない。

たとえば、日用品の数々を新たな視点からとらえ、もうひとつの新たな使用法があきらかにされたり、それによって引き起こされたものの様態の変化に気づかせたりなど、シンプルなアイデアから生み出されるユーモラスで意外性や示唆に富んだ作品は、どこか実験のようであったり決定的瞬間のようであったり映画のワンシーンのようであったり、さまざまだ。

今回のICCでの展覧会では、作品のテーマをパフォーマンス、アニメーション、物語、映画の4つに分類し、日本初公開となる作品を含む20作品によって展観する、日本で初めての大規模な個展となる。
開催期間 2015年11月21日(土)~2016年02月21日(日)
※イベント会期は終了しました
休館日 月曜日(月曜が祝日の場合翌日)、年末年始(12/28~1/4)、保守点検日(2/14)
時間 11:00~18:00
入場料 一般・大学生500(400)円/高校生以下無料 ※( )内は15名様以上の団体料金
会場
  • NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
  • ギャラリーA
  • 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
会場URL http://www.ntticc.or.jp/index_j.html
アクセス方法 京王新線初台駅東口より徒歩2分
会場電話番号 0120-144199
参加アーティスト ジョン・ウッド&ポール・ハリソン
詳細URL http://www.ntticc.or.jp/Press/2015/9/0930_01_j.html

このイベントに関心がある方にオススメ

PAGE TOP